元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

ひきこもりへの理解

私は対人緊張、視線恐怖症で長年苦しんできた。
現在は大分ましになっているが、
それでも、人の視線が気になって
作業に集中できなくなるケースはまだある。


もちろん、避けられるのであれば、
そのようなケースに遭遇しないように工夫するのが
一番の解決策である。


私は、
苦手な場面を極力避けて、
自分でもできそうな場面にい続けるように工夫することこそが、
対人緊張で苦しむ人が社会に出続けるための
最善の方法であると考える。


そして、社会に出続けることさえ出来れば、
対人緊張は、徐々にではあるが、
自然とよくなってくるのである。


しかし、そうはいっても、
苦手な場面をどうしても避けられないケースも必ず訪れる。


そういう時にどうするか。


今までの私は、とにかく自分の最大限の力を出して、
その場をなんとか乗り切ろうとしていただけだったが、
最近、少し考えが変わってきた。
そして、先日、思い切って以下のような方法を試みてみた。


現在では、対人緊張や視線恐怖症で悩んでいる人がいることは、
大分、知られるようになってきている。
そこで私は、今回、苦手な場面に遭遇したときに、
思い切って、その場の責任者に相談してみたのだ。
その際、できるだけ素直に、自分がつらいと思っていることを
相手に伝えるようにした。
すると、責任者のかたは、いろいろと善後策を考えてくれたのだ。


現在は、対人恐怖症や視線恐怖症で苦しむ状況からは
ほぼ解放されている。


この方法が、すべての場面で通用するとは思わないが、
それでも、私の心は大分軽くなった。


現在、対人恐怖症や視線恐怖症、ひきこもりで苦しんでいる人への理解は
大分深まってきているように思う。
なんだか少し明るい気持ちになっている。




にほんブログ村

ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。