元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

ホイットマンの言葉

寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる。

人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。


↑は、19世紀を生きた、アメリカの詩人、
ホイットマンの言葉だそうであるが、
私は、まさにその通りである、と思った。


というのは、私は、
人生の中で、つらい時期を経験したことがある人は、
そうでない人たちよりも、
他人のやさしさ・心遣いが自分に向けられたとき、
そのありがたさや喜びを
はるかに感じることができる、と思うからである。


つまり、私は、
つらい時期を経験した人というのは、
そうでない人たちと比べて、
太陽の暖かさ・生命の尊さに気付ける可能性が高い人たちである、
と感じているのである。


この事実は、とてつもなく大きいのではないか。


だとすると、私は、
現在、つらい時期の真っただ中にある人に、
絶対に絶望しないでほしい、と言いたい。
もしかしたら、あなたは、
将来、太陽の暖かさに気付けるようになるために、
現在、大変つらい思いをしているのかもしれないのだから。


ただ、中には、
たとえ、太陽の暖かさ・生命の尊さに気付くことができたとしても、
実利は何もないのではないかと思う人もいるかもしれない。


それに対して、私は、現時点では上手く答えられない。
ただ、そういうものは、最後の最後に
自分自身を助けてくれるのではないかと感じている。




にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。