元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

休日のジム

今日も、ひきこもり中の人のブログを読んで、
いろいろと考えることがありました。


その人は、休日のジムの雰囲気が苦手だと言います。
その理由は、
年配の人が大部分を占める、平日の昼と比べると、
休日は、若い人が多く、
独特の活力・華やかさがあるからだそうです。


私は、これを読んで、私も、休日のジムのような所には、
できれば行きたくないと思いました。


そうして次のように考えました。


私は、ひきこもりを脱したとはいえ、
根っこの部分は、ひきこもっていた時と
ほとんど何も変わっていないのかもしれない。


それでは、「ひきこもっていた時」と「今」とを比べて、
何か変わったことはあるのか。
いろいろ考えて、次のような答えを出しました。


ひきこもっていた時は、休日のジムのような所に
平気で行けるようにならなければ、
社会復帰など、とても無理だと考えていた。
それに対して、
今は、
休日のジムのような所になじめないのは自分の個性だと、
ある意味、開き直って、
そんな自分を受け入れている。


休日のジムが苦手なことに変わりはありません。
ただ、このような考え方の微妙な違いは、
意外と大きいのではないかと思いました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。