元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

しかるべき人との出会い

脱ひきこもりを目指しているかたの中に、
「買い物をしたい店に入ること」を
とりあえずの目標にされているかたがいた。


そのかたの気持ちはよく分かるし、
私も、ひきこもっていた時は、
そのような目標を立てていたかもしれない。


しかし、今から考えると、
そのような目標を持つことは、
本当によいことなのだろうか、と少し疑問に思う。


というのは、私は現在、一応、ひきこもりを脱しているが、
今でも、好きな店に行って自由に買い物ができるかと言えば、
決して、そうではないからである。


個人差があるとはいえ、
やはり、対人緊張の人が、店で買い物を楽しむのは、
かなり難しいことだと思う。


それでは、どのような目標を立てればよいか。
私は、「信頼できる人を見つけ出して、その人とつながりを持つこと」を
目標にすればよいと思う。


現在、ひきこもっている人からすると、この目標は難しく感じるかもしれない。
しかし、その気になって探せば、必ず見つかると思う。
そして見つかれば、必ず何らかの道が開けると思う。


もちろん、「その人」は、ひきこもっている人の気持ちがよく分かる人でなければならない。
まず思いつくのは、心療内科などの先生であるだろうが、
私の場合、そのような先生の中に、この人について行けば、よくなるのではないかと思わせてくれるような人はいなかった(もちろん、いい先生もいると思う。たまたま、私は、自分に合った先生と出会えなかったということだと思う)。


私の場合、「その人」は、呼吸法を教える先生であり、占いの先生であった。
いずれも、大変困難な状況から抜け出した経験をお持ちのかたである。
私は、ひきこもりの人が出会うべきは、しかるべき肩書きではなく、しかるべき経験を持った人であると考えている。


脱ひきこもりを目指している人が、しかるべき経験を持った人と出会うことを心より願う。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村



ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。