元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

対人緊張を克服する方法

私は、すごく緊張しやすい性質です。


私の緊張の仕方は、本当に常軌を逸していると思います。



例えば、次のような感じです。


もし誰かが私のほうを見ていることを察知すると、
もう、それだけで、体が硬直しはじめて、
自然体でいられなくなります。


ましてや、
人込みの中に身を置かなければならないときなどは、
本当に、もう、どうしたらいいのか分からなくなります。




仮に、人間の器というものがあるとしたら、
私の「人間の器」は「おちょこ」程度の大きさしかないのではないでしょうか。


それはどういうことかというと、
大体 次のようなイメージです。


普通の人なら、余裕をもって受け入れられるような 小さな刺激があったとします。


ところが、私の、小さい「人間の器」は、
そんな 小さな刺激でも 中に収めることができません。
すぐに一杯になって、外に あふれだしてしまいます。


外に あふれだすと どうなるのかというと、
もう 私自身の許容範囲を超えているので、
顔が赤面するというか、取り乱すというか、
とにかく、
とてつもなく みっともない姿になっているのではないかと、
自分では想像します(実際に、人から どのように見られているのかは
分からないところがありますが・・・)。


ちなみに 私は、
自分の「人間の器」のサイズは、
普通の人と比べると、↓程度のものであるというイメージを持っています。





ところが、この2~3ヶ月、
様々な試練を経験してきたことは前にも書きましたが、
その試練の中で、
私は、今までのように 自分の情けない部分から目をそらして 安穏と生活しているわけにはいかなくなったのです。
よって、今回は、対人緊張の苦痛から 少しでも楽になる方法を真剣に探し求めました。


その結果、
いくつか 対人緊張の苦痛から 少し楽になる方法を見付けだしたのですが、
その中でも、特に効果が大きかった方法を紹介したいと思います。


その方法は とても簡単なものです。
緊張しそうになったら
口角を 口内から思いっきり吸う、それだけです。


ちなみに
口角とは、口の左右の端です。
↓の図の 青い丸で囲んだ部分です。



左右の口角を同時に吸うのではなく、
左の口角だけ、あるいは、右の口角だけを
口内から思いっきり吸うのです。


なぜ このようにすれば、
緊張が 少し ましになるのか、
その理由は分かりませんが、
私の場合、確かに、この方法を用いると、
効果があります。


また、
この方法は、私にだけ効果があるのか、
それとも、
他の人にも効果があるのか、
それも分かりませんが、
もしかしたら、
他の人にも効果があるのかもしれないので、
紹介しておきます。


この方法が
対人緊張で苦しんでいる人の役に 少しでも立てば
嬉しいです。


※上の文章を書いたときは、
この方法は私にとって
大変 効果があったのですが、
その後、効果は徐々に薄くなっていき、
現在では、ほとんど効果が感じられなくなってしまいました。

実は、このように
対人緊張が少し楽になる方法を見付けた!
と思っていても、
その方法をしばらく続けていくうちに、
徐々に効果がなくなってきた、
という経験を
私は過去に何度もしています。

今回は、過去のものとは違うと思っていたのですが、
やはり大差はありませんでした。
遅くなりましたが、一応、報告させていただきます。
(2017/04/02)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ

神戸の鉄人28号

今年初めて投稿します。
本年もよろしくお願いいたします。



昨年の11月中旬に、
神戸市長田区の
新長田駅(JR、地下鉄)から歩いて4~5分のところにある
鉄人28号像を
見に行きました。


鉄人28号像は
阪神淡路大震災からの復興のシンボルとして
2009(平成21)年につくられました。


その鉄人28号像も、
7年たって、塗装の傷みが目立ちはじめたということで、
昨年、
より原作に近い、明るいコバルトブルーへの塗り替えが行われました。


塗り替えは11月6日に終わりました。


そこで、私は、塗り替えられて すぐの
美しい「鉄人28号像」を見に行ったのです。


鉄人28号像は、
思っていたより
随分 大きいです。



もちろん、
明るいコバルトブルーも
美しく輝いています。


でも、
あまりにも大きすぎて、
全体像をカメラにうまくおさめることができません。


そこで、
ファンキーポリス新長田店が入っている建物のエレベーターから
鉄人28号像を撮影させていただきました。



上から見ると、
また違って見えます。


これは、
人々を励まし、勇気づける
ポーズなのでしょうか。


ちなみに、
私は、鉄人28号像から
「いいことばかりは起こらないけど、
 悪いことばかりも起こらない。
 さあ、がんばろう」
というメッセージを受け取りました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ

望みを捨てぬ者だけに道は開ける

今年のNHKの大河ドラマ「真田丸」の中で、


望みを捨てぬ者だけに道は開ける


という言葉が何度か出てきた。



私は、この言葉に共感し、
こうであることを強く信じたいと思った。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



私はまだ悪い流れの中から抜け出せないでいるようである。
この数ヶ月の間、まったく思いもかけなかったような
災難が、次から次へと私の前に訪れてきたような気がする。


私は、ただただ、それらの災難に対処するだけで精一杯だった。



このような災難は、
私自身の本当の実力を教えてくれる。



私は、2008年以降、それなりに社会に出て、経験も積んできたので、
もう少し、他の人と変わらないぐらい
なんでもできるようになっていると思い込んでいた。



しかし、実際はそうではなかった。



やはり私の対人緊張や視線恐怖症は、
私が、しっかりと、一人前の人間としてふるまっていこうとするには、
大きな障害になっているのだ。


なんだか自信をなくした。


こんな状態では、何をやっても、
結局ダメなのではないかと、
何もかもイヤになり、やけを起こしそうになる日もあった。




しかし、次々と訪れる試練は、
私に、やけを起こす暇も与えてくれない。


どんなに情けない状態でも
前に進んでいくしか仕方がないのだ。


本当は、
人に良く見られたいと、人一倍 思っている
私にとって、この経験は本当につらかった。




しかし一方で、
つらい経験は、よい作用も もたらしてくれる。


というのは、
緊張して 情けない状態になる時間が多くなればなるほど、
私も、その苦しい状態から 少しでも解放されて楽になる方法を
必死で探し出そうとする。


こうして私は、この期間に、
対人緊張の苦しみに対処する方法をいくつか見つけ出したのだ。


このような対処法は、
普段通りの 楽な生活をしている中からは
絶対に生まれなかったと思う。


やはり
つらい経験をした中からこそ
生まれてきたものなのだと思う。




このように考えると、
災難というのは、
決して悪いことばかりではないのかもしれない。


人は、
災難の中でこそ
大きく成長するものなのかもしれない。




また、
私は、自分が楽観的な人間なのだと
今回、つくづく思った。


状況が どんどん悪くなってきても
まだ なんとかなるのではないか、と
心の底では思っている。


これは信仰なのだろうか。




よく分からないが、
冒頭の
「望みを捨てぬ者だけに道は開ける」
という言葉は、
楽観的な人間の心に
特に響くものなのではないだろうか。




もちろん、
それでも道は開けないということもあるかもしれないが、
それはそれで仕方がないことである。


と、ここまで達観できれば最高なのだが、
↑でも言ったように、
私には、人一倍、人に良く見られたい
という一面があるので、
なかなかそうもいかない。


こんな一面をなんとかできれば、
対人緊張や視線恐怖症も克服できるのかもしれないが、
そのためには
もっともっと多くの試練に遭遇し、
心がずたずたになるような
つらい経験を一杯する必要があるのかもしれない。


私はハートが強くないので、
とても そんな試練に耐えられそうにない。


私の場合、
対人緊張や視線恐怖症を抱えたまま生きていく方法を
考えたほうがよいのかもしれない。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



つらい状況に陥ったときは
何もかも忘れて眠るしかない。


とにかく
心と体を休めることに専念するべきである。


心と体を休めることができなければ、
本当に 何も始まらないと思う。




心と体を休めることができたら、
もしかしたら その時には
少し うまく行きそうな予感が生まれてきているかもしれない。


もしかしたら その時には
少し 世界が変わって見えてきているかもしれない。


もしかしたら その時には
何か 苦境を打開するためのヒントが思い浮かんでいるかもしれない。




万物は流転する。
世の中、何が起こるか分からない。



やはり
「望みを捨てぬ者だけに道は開ける」
なのである。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ