元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

LET IT BE

ひきこもりを経験することになったような人は、
これまでの人生で
いろいろとつらくて悲しい思いをすることが多かったに違いない。


自分はどうしてこんななのだろう、
なんで生まれてきたのだろう、
とまで思っている人もいるかもしれない。



しかし、私は、少なくとも、次のようなことは言えるのではないかと思う。


あなたが生まれてきたということは、過去のどの時代においても、
あなたのような特徴をもった女の人を好きになった男の人がいた
(あるいは、
あなたのような特徴をもった男の人を好きになった女の人がいた)
ということなのである。


もし私たちがもつ、このような特徴が、人類にとって全く必要ないものであったとしたら、
↑のように、異性に選ばれ続けるということが起こるはずはない。
私たちのような特徴をもつ人たちは、とっくの昔に滅んでいたはずである。


しかし、実際は、そうではないのである。
私たちのような人間は、少数派ではあるかもしれないが、
それでも確実に現在でも存在するのである。


この事実は、すべてを物語っているのではないだろうか。


私たちのような人間が存在することには何か意味があるのである。
何か意味があるから残ったのである。



だから私たちは、
逆風の中でも自分ができることを見つけ出して、
堂々と生きていればよいのである。


少しずつ、
社会の中でできることを探していけばよいのである。


そのうち、
あなたにしかできない、社会の中での役割が
見えてくるかもしれない。



もちろん、
だからと言って、無理をすることはない。
あせることはない。


それでなくとも
あなたは、誰かが作ってくれた道を進んでいくのではなく、
自分で道を切り開いて進んでいく、という
難しい作業に挑戦しているのだから。


逃げなければならないとき、休まなければならないときは
必ずやってくるだろう。
その時は、堂々と、そうすればよいのである。



何も心配することはない
なるようになる


少なくとも私はそう信じる。






Hito ni Yasashiku (人にやさしく) - THE BLUE HEARTS [English Subs]






にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。