元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

第一歩

先ほど、社会復帰の第一歩を踏み出すに際して、
いろいろと考えて不安になっているかたのブログを読ませていただいた。
もちろん私にも同じような時期があったので、
その人の気持ちがとてもよく分かった。
そこで、私の経験が少しでも参考にならないかと考えて、
以下のようなコメントを残してきた。


「私が社会復帰の第一歩に選んだのは、コンビニでのバイトでした。
でも、1週間ほどしか続かず、ただ自信を失っただけで終わりました。
次に選んだのは、なぜか、ラブホテルの各部屋の風呂掃除のバイトでした。
こちらは裏方の仕事なので、対人緊張の私でも続けることができました。
また、そこの職場は、仕事仲間も、年の離れたおじさんやおばさんがほとんどだったので、
かえって楽でした。
1か月後ぐらいには、
その人たちに居酒屋やカラオケにも連れて行ってもらうようになりました。
最初は、そのようなところに連れて行ってもらっても、
ただただ緊張して、少しも楽しくなかったですが、
何回か行くうちに、少しずつ慣れてきて、楽しめるようにもなってきました。


このように、自分に合った職場に巡り合うと、
できることが増えて、社会になじんでいけると思います。
でも、私のように、自分に合った職場に一回で巡り合えない場合もあります。
私は2度目で巡り合えたので、まだ運がよいほうだと思います。


社会復帰の第一歩が慎重になるのはよく分かります。
私も、何より、失敗して傷つくことを恐れました。
でも、自分に合った職場に巡り合うことを目指して、失敗を恐れずに
前に進むしか、やはり方法はないと思います。
いっぱい考えて、ここがいいのではないかというところが見つかれば、
とにかく思い切って行動に移してみてください。
行って、いやだと思えば、私のように、すぐに辞めることもできるのです。


ハローワークを利用するのもよいと思います。
でも、最後に決断するのは、やはり自分自身だと思います。」


もしかしたら、同じような不安を抱えている人が他にもいらっしゃるかもしれないので、
同じ文章を、ここにも残しておきます。
ただ、これは、あくまで私の経験と考えを書いているにすぎませんので、
そのつもりでお読みください。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村



ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。