元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

LET IT BE

ひきこもりを経験することになったような人は、
これまでの人生で
いろいろとつらくて悲しい思いをすることが多かったに違いない。


自分はどうしてこんななのだろう、
なんで生まれてきたのだろう、
とまで思っている人もいるかもしれない。



しかし、私は、少なくとも、次のようなことは言えるのではないかと思う。


あなたが生まれてきたということは、過去のどの時代においても、
あなたのような特徴をもった女の人を好きになった男の人がいた
(あるいは、
あなたのような特徴をもった男の人を好きになった女の人がいた)
ということなのである。


もし私たちがもつ、このような特徴が、人類にとって全く必要ないものであったとしたら、
↑のように、異性に選ばれ続けるということが起こるはずはない。
私たちのような特徴をもつ人たちは、とっくの昔に滅んでいたはずである。


しかし、実際は、そうではないのである。
私たちのような人間は、少数派ではあるかもしれないが、
それでも確実に現在でも存在するのである。


この事実は、すべてを物語っているのではないだろうか。


私たちのような人間が存在することには何か意味があるのである。
何か意味があるから残ったのである。



だから私たちは、
逆風の中でも自分ができることを見つけ出して、
堂々と生きていればよいのである。


少しずつ、
社会の中でできることを探していけばよいのである。


そのうち、
あなたにしかできない、社会の中での役割が
見えてくるかもしれない。



もちろん、
だからと言って、無理をすることはない。
あせることはない。


それでなくとも
あなたは、誰かが作ってくれた道を進んでいくのではなく、
自分で道を切り開いて進んでいく、という
難しい作業に挑戦しているのだから。


逃げなければならないとき、休まなければならないときは
必ずやってくるだろう。
その時は、堂々と、そうすればよいのである。



何も心配することはない
なるようになる


少なくとも私はそう信じる。




ブルーハーツ 人にやさしく





にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ

己を知る

彼を知り 己を知る者は、百戦あやうからず


↑の言葉は、兵法書『孫子』の謀攻篇に出てきます。
受験のときなどに、この言葉を知った人は多いのではないでしょうか。


しかし、この言葉には続きがあります。
続きは以下の通りです。


彼を知らざれども 己を知るは、一勝一負す



彼を知らず 己を知らざるは、戦うごとに必ずあやうし


↑の言葉を知らない人は意外と多いのではないでしょうか。


私は、↑の
「彼を知らざれども己を知るは、一勝一負す」という言葉は、
人と接することが苦手な人やひきこもりがちな人に
勇気を与えるものなのではないかと感じています。


それは、以下の理由によります。

人と接するのが苦手な人というのは、
人との交流が少なくなるかわりに、
自分の内面と向き合う時間が長くなる傾向にあります。


中には、
「自分は人と交流する時間は短いが、
だからといって別に
自分の内面と向き合う時間が長いわけではない」
と反論されるかたもいるかもしれませんが、
私はそんなことはないと思います。


何も考えずにい続けることが非常に難しい以上、
やはり、人と接する時間が少ない人は、
その分、自分の内面と向き合う時間が長くなっていると思うのです。


つまり、
人と接するのが苦手な人は、
↑の言葉の「彼を知らざれども己を知る」人に当たるのです。


『孫子』の著者である孫武は、
そのような(=彼を知らざれども己を知る)人は一勝一負す、
と言っています。


つまり、
そのような人が
例えば、社会に出ると、
半分のことはできないかもしれないが、
あとの半分のことはできるだろう、
と言っているのです。




それなのに
人と接することが苦手な人やひきこもりがちな人の大部分は、
自分のことを
↑の言葉の「彼を知らず己を知らざる」人と
思い込んでしまっているのではないでしょうか。


そして、
「戦うごとに必ずあやうし」だと
自己評価を不当に低くしてしまっているのではないでしょうか。


本当は、そうではないのです。
人と接することが苦手な人やひきこもりがちな人は、
「彼を知らざれども己を知る」人なのです。


そして、
社会には、
人と接するのが得意な人だけでなく、
人と接するのが苦手な人も
必要なのです。



世界に一つだけの花(カラオケ) / SMAP


「世界に一つだけの花」の歌詞を見ていたら、
そもそも
「彼を知らず己を知らざる」人など
この世に存在しないのではないか、
と思えてきました。




にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ

万物流転

ひきこもっていた頃の私は、
よく変なことで不安になっていた。


  • どこかで犬が鳴く
  • 誰かが咳ばらいをする
  • 近所の家から聞こえていた会話が突然とまる


↑のようなことがあると、
そのたびに私は、ドキッとして、
もしかしたら自分が悪いのではないか
と考えて
不安で一杯になったりしていた。



今からすると、
このような悩みは、
極度に自分に自信がもてなくなったり
不安な気持ちが大きくなりすぎたりしたために
生じたものであったのだろうと考えられる。


つまり、
このような悩みは、
私が異常であったから生じたものではないのだ。


その証拠に、
このような悩みは、
私が社会復帰をはたして、
少しずつ自信を取り戻していくと、
自然と、気にならなくなった。



しかし、現在、
私と似たようなことで悩んでいる人がいたとしたら、
その人にとっては、
このような悩みは、
とてつもなく大きなものだろう。


そういう人が、
この文章を読んで、
少しでも楽になってくれれば、と思う。



以下の文章は、また別の話である。


ちなみに、
私は、現在でも、
視線恐怖症や対人緊張に関しては、
大分ましにはなったが、
完全には克服できていない。


それでも、それなりに
社会生活を送ることができているので、
これで十分だと今は思うことができている。


ただ、
少し前までは、
みんなが普通に楽しんでいることを
私もできるようになりたいと強く望んでいたので、
なかなか完治しない
視線恐怖症や対人緊張のことを
心底、憎んでいた。


それでは、いつ、私の考え方が変わったのかというと、
それは、ある時、
「別に、みんなと同じことができなくてもいいか」
という思いが頭に浮かんでから、である。
それ以降、少しずつ私の考え方は楽になってきたように思う。


つまり、
その時以降、私は、
視線恐怖症や対人緊張を
自分の個性として
受け入れることができつつあるのかもしれない。


現在では、むしろ、
視線恐怖症や対人緊張を抱える私であるからこそ、
価値があるという場面もあるのではないかとさえ考えている。



少し話が広がりすぎて、
何が言いたいのか分からなくなってきたが、
一部、率直に表現できた所もあるように感じるので、このまま投稿したいと思う。



にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ