元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

「ハウルの動く城」を見て

宮崎駿監督の「ハウルの動く城」を見た。


私が最も印象に残ったのは次の場面で発したハウルの言葉である。


それまで臆病だったハウルが、一転して、
ソフィーを守るために戦いに出ようとする。
そんなハウルをソフィーが引き止める。


そこでハウルは
「どうして?
 逃げることは今まで十分にしてきた。もう逃げる必要はない」
というようなことを言うのだ。


このハウルの言葉で、
私は、自分がひきこもっていた時のことを思い出した。


ひきこもっていた時の私は、本当によく逃げていたと思う。
勇気をもって前に出ようと心に決めても、
2~3日で気持ちがくじけてしまうようなことは何度もあった。


そして挫折するたびに、自分のメンタルの弱さに絶望し、
自分にはもう見込みはないと、ただただ自信を喪失していた。
本当に総崩れの状態である。


しかし、今から思うと、
当時、逃げたことは、本当にそんなに悪いことだったのかと思う。
当時の私では、やはり、逃げるしか方法がなかったのではないか。


よくなりたいという気持ちはあっても、体がついてこないということは、私はあると思う。
そういう時は、すべてが整うまで、それなりの時間が必要なのだ。


だから、
逃げるしか方法がないときは、思う存分、堂々と逃げればよいのである。
そんな時に逃げたからといって、自分を責める必要はみじんもない。
逃げたからといって、自分が弱いわけでもない。
その時はできなくても、後になって普通にできるようになるということもあるのだから。
その時の自分が、自分のすべてでは絶対にないのだ。


心配しなくても、よくなる時は、自然とよくなるのである。
そして、よくなれば、誰でも、ハウルのように、
また戦いの場に復帰することができるのである。




Howl's Moving Castle - Official Trailer






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村



ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。