元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

万物は流転する

現在、ひきこもり中の人のブログをいくつか読ませていただきました。
そして感じたのは、ひきこもりの人は必要以上に自分を卑下しているということです。
もちろん、私も、ひきこもりの時は、すべての人に引け目を感じて生きていましたので、
その気持ちはよく分かります。
ただ、次のことだけは言っておきたいと思いましたので、書いておきます。


社会に復帰して何が分かったかというと、
「ひきこもりの人がそれほど劣っているわけではない」
ということです。


私の経験から言わせてもらうと、
ひきこもりの人も、社会に復帰してしまえば、意外と
他の人と同じように頑張れると思います。
ですから、
現状は本当に大変だと思いますが、
何かのきっかけで再び前に進んでいける日は必ず訪れると思います。
その日まで、(できる範囲で)自分を信じて力を蓄えておいてほしいです。


古代ギリシアの哲学者ヘラクレイトスも
万物は流転する
と言っています。
現状が全く変わらずに永遠に続くということは
絶対にありません。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村



ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。