元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

負けるが勝ち

「負けるが勝ち」って、いつも思えていたら
楽だろうなと思う。


しかし、実際の私は、他の人に、
少しでも能力があると思ってもらおうと、
いつも躍起になっている。


そして、ときどき、思惑通りに、よい結果が得られると、
やはり嬉しいし、少し自信過剰にもなる。


でも、その時、
他の人が私を見る目はどんなものだろうか。


はたして本当に、私が考えるほど、
すごいと思ってくれているのだろうか。


もしかしたら、「本当は私がそれをしたかったのに先を越された」
と悔しい思いをしているのかもしれない。
あるいは、「でしゃばり」と思われているだけなのかもしれない。


だとすると、勝ちによって得られるものは、
自分が考えるほど大きくないのではないか。


「負けるが勝ち」が一理あることは間違いないように感じる。
ただ、それを実行するのは、
私のような器の小さい人間にとっては非常に難しい。
まだまだ修行が必要だ。



にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。