元ひきこもりのブログ

2007年まで10年以上ひきこもっていました。
ひきこもっている時はまったく光が見えず 本当につらかったですが、人との出会いなど、様々な幸運に恵まれたおかげで 2008年に社会復帰できて以降、少しずつ活動の範囲を広げています。

現在ひきこもり中で、以前の私のように、外に出るのもつらいという人。
そのような人がこのブログを読んで 少しでも「大丈夫だ」と思っていただければ幸いです。

ひきこもり中、私は相当 絶望的な状態だったと思います。
そんな私でも、ひきこもりを脱することができたのですから、現在うまくいかない人も、きっかけさえつかめば 絶対になんとかなると思います。

私が
ひきこもりから脱するときに、
いろいろと助けてくれた先生は、


よく次のように言っていました。



身心の状態がよくなり始めたとしても、
一気に(直線的に)
よくなり続けるということはない。


必ず
波のように上がっていくのである。


つまり、
上がっては下がり、また、上がっては下がり、
を繰り返すのである。


だから、
全体としては
よくなる段階に入っていても、
当然、
波の下がり目には遭遇するのである。


その時に、
また元の悪い状態に戻ってしまったのではないか、
などと思わないように注意しなければならない。


そうならないために、
このような図をイメージしておけばよい、
と言って、


大体、次のような図を描いてくれました。




実際、私は、
よくなり始めてからも、


何度も壁にぶつかり、
また悪くなったのではないか、
と思われるような場面に遭遇しました。


その時は
非常に不安で、
暗くて悲観的な気持ちになりましたが、


それでも、
完全にまいってしまわなかったのは、
どこかで、この図が頭にあったからかもしれません。


その時の私は、大体、
次のように考えていたのだと思います。


「今の私は
波の下がり目の部分にいるのである。


が、
全体としては
右肩上がりの波の中にいるはずである!


我慢していれば、
必ずまた、
上がり目の波がやってくるはずである!」




そして実際、
つらい時期を我慢していれば、


次に
上がり目の波がやってきてくれました。



とはいえ、
下がり目の波は
短期間であるとはかぎりません。


長期間つづく
下がり目の波の中にいるときは、
この図を信じられなくなるときもあります。


それでも、
「下がり目の波」の後に「上がり目の波」が来るというのは
本当だと思います。



今後も、
また上手くいかなくなる時期が訪れるかもしれません。
その時は、またこの図を思い出すようにしたいです。



※ちなみに、

「下がり目の波」から「上がり目の波」へと

変わる瞬間が

明確に分かるということは、

ないです。


私の場合は、

少しよくなった頃に、ようやく、

「そういえば、一時のことを思えば、

少し状況は楽になってきているな」

と気が付く、

といった感じです。



にほんブログ村

ひきこもり ブログランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。